イングランドリーグに起こった問題、プレミアリーグの歴史について詳しく解説するサイト『プレミアリーグの歴史』

●●●過去の窮地●●●

【フーリガン】

1980年代のイングランドのサッカー界は、古くて損傷が激しスタジアム、暴力的な
フーリガンなどの深刻な問題で窮地に立たされていました。
1985年5月29日、ベルギーのヘイゼル・スタジアムで行われたチャンピオンズカップ
決勝戦のリバプール対ユベントス戦で、試合前にリバプールサポーター(フーリガン)
が乱闘を起こし、39人のユベントスサポーターが犠牲者となった事故で、かねてから
暴力的なイングランドサポーターを問題視していたUEFAはイングランドのクラブを
ヨーロッパの大会から最低5年間締め出す処置を取りました。
その結果イングランドの全クラブがUEFA主催の大会に出られなくなり、イングランドの
サッカー界は世界の進歩から大きく取り残されていくことになったのです。

【資金不足】

1989年、シェフィールドのヒルズボロで再び死者96人を出すという事故が起きた
のを受け、スタジアムでは立見席を無くし全席指定式のスタジアムに改装、フーリガン排除
のためセキュリティシステムの導入を決めました。
しかしこれらを実行するには膨大な資金が必要となり、入場収入が大幅に落ち込むこの
プランを実現、維持していくためには巨額の投資が必要不可欠でありました。
イングランドのクラブがこの窮地を乗り切り立ち直るには、急進的な再編成という画期的な
対策が迫られていました。

【再編成】

1991年、FAは18クラブでスーパーリーグを創る、という構想を発表しました。
フットボールリーグは自身の存続に関わるこの提案に強く反対しましたが、トップリーグの
22チームはフットボールリーグを脱退し、新リーグの参加に同意しました。
これによってプレミアリーグは、商業的にはフットボールリーグやFAから独立した団体と
なり、放映やスポンサーにおいて独自の判断をすることが出来るようになりました。